【全成分調査】リバイブラッシュの副作用とアレルギーについて

リバイブラッシュは雑誌でも数多く紹介されており、芸能人も愛用している「まつ毛美容液」です。

リバイブラッシュ

そんなリバイブラッシュですが、目に近いまつ毛やまぶたに付けるものですから副作用やアレルギーが心配ですよね。

この記事ではリバイブラッシュの、

  • 全成分の効果と安全性
  • 副作用やアレルギーなどの有無
  • まつ毛にどの様な効果があるのか

といった事を調べてみました。

 

リバイブラッシュの全成分と安全性について

リバイブラッシュ全成分

まず初めにリバイブラッシュの全成分を見てみましょう。

水、BG、グリセリン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、ヒドロキシエチルセルロース、グリセリングルコシド、アルガニアスピノサ核油、アセチルテトラペプチド-3、アセチルデカペプチド-3、オリゴペプチド-20、オリゴペプチド24、オリゴペプチド41、オクタペプチド-2、アカツメクサ花エキス、パントエバガンス(リンゴ液汁・ウメ果実)発酵エキス液、加水分解オクラ種子エキス、加水分解アナツバメ巣エキス、加水分解エラスチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、アセチルヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、パンテノール、水添レシチン、デキストラン、デキストリン、フィトステロールズ、キサンタンガム

これではどんな効果があるのかがわからないので、成分1つ1つの効果と安全性を紹介していきます。

危険・・・

安全・・・

成分 効果 副作用危険度
水です。肌に水分を与える目的で使用しています。
BG ブチレングリコールの略称で水分を吸収する効果があり、保湿成分として化粧品などに使用されています。保湿効果があります。
グリセリン 無色透明の粘性を持つ液体で保湿力を持っているため、美肌や肌荒れを防ぐ効果がある成分です。保湿効果があります。
プロパンジオール 100%植物由来で出来ています。スキンケア商品に多く使用されている保湿効果のある成分です。
ペンチレングリコール 石油由来で出来た保湿成分でう。安全性が確認されており、多くの化粧品で使用されています。
ヒドロキシエチルセルロース 植物から抽出した天然植物繊維から作られた成分です。保湿効果があり人体への影響もなく安全な成分です。
グリセリルグルコシド 保湿で肌を保護する効果のある成分です。水分を一定に保つ性質があるため、外部の刺激から肌を守ることが出来ます。
アルガニアスピノサ核油 モロッコに自生する広葉樹「アルガン」の種子から抽出される油です。アルガンは年間1滴も雨が降らなくても枯れない生命力を持つ木です。保湿効果のある成分です。
アセチルテトラペプチド-3 ターンオーバーを正常に導く作用がある他、まつ毛に肌にハリやコシを与える効果があります。
アセチルデカペプチド-3 男性用育毛剤「リアップ」に含まれる ミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われていキャピキシルの成分の1つ。壊れた細胞を修復させる効果にも期待ができます。
オリゴペプチド-20 皮膚のコンディショニング剤として使用され保湿液やクリームなどにも使われています。
オリゴペプチド-24 皮膚のコンディショニング剤として使用され保湿液やクリームなどにも使われています。
オリゴペプチド-41 毛の色素を供給して定着させる効果に期待ができる成分です。
オクタペプチド-2 毛根にある細胞を活性化させて、ハリやコシのある強い毛が生えてくる期待ができる成分です。
アカツメクサ花エキス アカツメクサ花のエキスです。男性育毛剤にもよく使われる成分です。
パントエアバガンス(リンゴ液汁/ウメ果実)発酵エキス液 保湿の役割を持つ成分で、スキンケア商品に良く利用される安全な成分です。
加水分解オクラ種子エキス オクラの種子から得られるエキスです。保湿効果と抗酸化作用があるとされている成分です。
加水分解アナツバメ巣エキス アナツバメの巣をエキス化したもの。皮膚細胞に対して高い増殖作用がある成分です。
加水分解エラスチン 皮膚や毛の保護と改善として頭髪用化粧品などに良く使用されています。
加水分解コラーゲン コラーゲン由来成分で毛の保護と毛を柔らかくする効果に期待ができる成分です。
加水分解シルク 蚕の絹繊維から得られる溶液。浸透性に優れており、頭髪化粧品に多く使用されています。
アセチルヒアルロン酸Na ヒアルロン酸の効果をそのままに、肌に馴染みやすいように改良した高保湿成分です。
グリチルリチン酸2K 甘草の根の含有成分から得られた成分。医薬部外成分であり、炎症や鎮静の効果に期待ができます。
パンテノール ビタミンの一種で育毛効果に期待されており、多くの育毛剤に使われている安全性の高い成分です。
水添レシチン 脂肪酸を水素添加し皮膚に浸透できるようにした成分。化粧水・乳液・保湿として利用されています。
デキストラン 増粘安定剤や保湿剤として使用しています。食品にも使用されており、危険性はありません。
デキストリン とうもろこしが原料の水溶性の食物繊維。粘度調整や皮膚への吸着のために使用
フィトステロールズ 食品添加物や医薬品などでも使用している成分で、肌の細胞を保護する効果に期待ができます。
キサンタンガム 粘土を与え分離しないようにする安定剤として使用。食品にも使用される成分です。

リバイブラッシュに含まれる全成分を見てみましたが、全て安全性の高い成分で作られている事が分かりました。

リバイブラッシュ公式サイトはこちら

 

副作用やアレルギーは大丈夫?

リバイブラッシュ副作用

まつ毛美容液の副作用としましては以下の症状が考えられます。

  • 色素沈着してしまう
  • 目が充血する
  • 皮膚に痒みが出る
  • まぶたの肌荒れや垂れ下がり
  • まつ毛が抜ける

でも実は、これらの副作用を引き起こす成分は解明されているんです

以下がその成分です。

ビマトプロスト 緑内障治療(眼圧を下げて視野障害がこれ以上進行しないようにする治療)に使用される薬で、副作用としてまつ毛が伸びる効果がありますが、目の充血や色素沈着や視力低下などの副作用もある要注意な成分です。
フェノキシエタノール 防腐剤(まつ毛美容液の保存期間を伸ばす)として使用されていることが多いのですが、刺激性が高い成分で、肌荒れや痒みなどの副作用に注意が必要な成分です。
界面活性剤 美容液に含まれる「水」と「油分」を混ぜるための成分です。界面活性剤はほとんどの化粧品に含まれているため、安全性は高いと言えますが、まれに痒みや炎症を起こす原因となります。

もちろん上記で紹介した成分は、リバイブラッシュには一切配合されていません

よって、副作用はないと言っても良いのではないでしょうか?

しかし、全ての人のまつ毛や肌に絶対に合うという訳ではありません。体の相性(アレルギー)があるからです。それはリバイブラッシュに限らず他の商品でも言えることだと思います。

 

5つの刺激性試験で安全性をクリア

リバイブラッシュは5つの刺激性試験で安全性をクリアしています。

アレルギー性試験

アレルギー反応(かぶれ・炎症等)が無いことが確認済です。

眼刺激性試験

目への刺激が無いことが確認済みです。

皮膚一時刺激試験(パッチテスト)

1回のまつ毛への使用で刺激性が無いことが確認済みです。

感応性試験

皮膚反応(ヒリヒリ・かゆい)が無いことが確認済みです。

累積刺激性試験

複数回のまつ毛への使用で刺激性が無いことが確認済みです。

リバイブラッシュ成分

これら試験をクリアしていても肌に合う合わないは出てきてしまいますが、審査の厳しい日本で5つの安全性試験をクリアしているのは、副作用などの安全性はかなり高いと言えると思います。

 

20種類の無添加を実現

リバイブラッシュでは20種類の「無添加」が実現されています。

含まれていない成分

×旧表示指定成分×石油系界面活性剤×合成保存料×合成着色料×鉱物油×動物性オイル×紫外線吸収剤×酸化防止剤×殺菌剤×防腐剤×シリコン×エタノール×合成ポリマー×緩衝剤×キレート剤×溶剤×ヘキシレングリコール×オクタンジオール×キャリーオーバー成分無し

このような添加物が含まれているまつ毛美容液を使ってしまうと、アレルギー反応や副作用が起きてしまい、まつ毛に栄養を与える以前の問題に悩まされる可能性もあります。

まつ毛美容液にも化粧品と同じく、体との相性があります。

まつ毛の量や肌質や使い方などによっても効果は変わってくるため、実際に使って見ないと分からないものなんですが、初めから20種類の無添加で作られているのは心強いですよね^^ 

リバイブラッシュ成分

ポイント

マツエクなどでも「グルー(接着剤)が合わなくてかぶれた!」などという話も聞きますので、このような安全性が確認された美容液は安心感があります。

リバイブラッシュ公式サイトはこちら

 

リバイブラッシュの主成分とまつ毛への効果

リバイブラッシュの主成分として挙げられるのが以下の成分です。

  • キャピキシル(アカツメクサ花エキス・アセチルテトラペプチド-3)
  • プロヘアリンβ4(オクタペプチド-2)

特にキャピキシルは、男性用育毛剤やAGA(男性型脱毛症)の治療などにも使用されている強力な成分です。

キャピキシルは医学的にも注目されている成分ですので効果が高そうです^^

また、このキャピキシルは男性用育毛剤「リアップ」に含まれている定番の育毛成分である「ミノキシジル」と比べても3倍の育毛効果が期待できます。

リバイブラッシュ効果

また、リバイブラッシュは化粧品などに含まれている防腐剤・殺菌剤・エタノールといった刺激成分が一切が一切配合されていません

しかし防腐剤がなければ細菌が入り込んだり腐敗してしまいます。ではどうやって品質を守っているのかというと、BGペンチレングリコールに静菌効果が確認できました。これら成分は細菌の発育や増殖を抑制する作用がある為、リバイブラッシュの品質を保つことが出来ます。

BGとペンチレングリコールは防腐剤よりも刺激性が低く安全な成分です。

 

リバイブラッシュは安全性の高いまつ毛美容液

リバイブラッシュの成分を見てみると、男性用育毛剤に使われている効果の高い成分を使用して、品質を保つために添加物は最低限に抑えられていることが分かりました。

「それでも副作用が心配...」

といった方のために、リバイブラッシュは公式サイトで購入すると60日間の返金保証を受けられます。この返金保証は1本使い切ってしまっても満足できなければ返金を受けられますので、気軽に試すことが出来ますね。

\ 60日間全額返金保証付き /

リバイブラッシュ公式サイトはこちら

※初回購入のみの解約も可能

 

Copyright© リバイブラッシュは効果ない?嘘?口コミから分かった成分の秘密・・・ , 2019 All Rights Reserved.