【比較】リバイブラッシュとラピッドラッシュの違いとは?

リバイブラッシュ・ラピッドラッシュ違い

まつ毛美容液はや薬局やネットでも色々な種類が販売されています。

中でも口コミで人気の誇るリバイブラッシュとラピッドラッシュ、どちらを選べばいいか悩んでいる人は多いかと思います。

今回はリバイブラッシュラピッドラッシュの成分・安全性・価格について違いを比較していきたいと思います。

いざ買ってから「あっちにしとけばよかった...」と後悔がないようにしっかりと選んでくださいね!

 

リバイブラッシュとラピッドラッシュ|配合成分を比較

リバイブラッシュ

全成分↓

水、BG、グリセリン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、ヒドロキシエチルセルロース、グリセリングルコシド、アルガニアスピノサ核油、アセチルテトラペプチド-3、アセチルデカペプチド-3、オリゴペプチド-20、オリゴペプチド24、オリゴペプチド41、オクタペプチド-2、アカツメクサ花エキス、パントエバガンス(リンゴ液汁・ウメ果実)発酵エキス液、加水分解オクラ種子エキス、加水分解アナツバメ巣エキス、加水分解エラスチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、アセチルヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、パンテノール、水添レシチン、デキストラン、デキストリン、フィトステロールズ、キサンタンガム

リバイブラッシュの成分の特徴としましては保湿成分が多いということです。

まつ毛が抜けて少なくなる原因には空気による乾燥が大半です。

そこでリバイブラッシュでは次のような保湿成分を配合しています。

  • アルガンオイル
  • スーパーヒアルロン酸
  • アナツバメの巣エキス
  • マイオキシノール
  • プロビタミンB5
  • マリンエラスチン
  • マリンコラーゲン
  • 加水分解シルク
  • グリチルリチン酸2K

これら保湿成分を配合することにより、まつ毛にハリやコシを与える事ができます。

リバイブラッシュのまつ毛の育毛効果として配合されている成分は「キャピキシル」です。

成分表示としては、

  • アカツメクサ花エキス
  • アセチルテトラペプチド-3

といった表示で配合されています。

このキャピキシルは男性用育毛剤にも使用されている期待できる育毛成分です。

そしてこのキャピキシルは医薬品ではないので副作用の心配が無い事が特徴でもあります。

 

ラピッドラッシュ

全成分↓

水、BG、ヒドロキシエチルセルロース、イソプロピルクロプロステネート、ヒアルロン酸Na、オクタペプチド-2、トリペプチド-1 銅、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-1、ペポカボチャ種子エキス、ダイズ油、グリセリン、ホスファチジルコリン、加水分解ムコ多糖、リゾビアンガム、ビオチン、 パンテノール、パンテチン、グリチルリチン酸2K、エチルヘキシルグリセリン、アラントイン、海水、エタノール、フェノキシエタノール

ラピッドラッシュの成分の特徴としましては傷んだ自まつ毛を改善する補修成分です。

ラピッドラッシュに含まれているポリペプチドはリンスにも含まれている成分で、まつ毛を綺麗に整えケアをする働きが期待できます。

また潤い成分を配合しています。

  • ヒアルロン酸Na
  • グリチルリチン酸2K

これら潤い成分によりツヤのあるまつ毛に改善することができます。

ラピッドラッシュのまつ毛の育毛効果として配合されている成分は「イソプロピルクロプロステネート」です。

このイソプロピルクロプロステネートは医薬成分であり、まつ毛への効果が高いのは確実ですが、色素沈着などの副作用が起こる可能性がある成分でもあります。

注意ポイント

海外の研究ではイソプロピルクロプロステネートは化粧品には配合してはいけない違法成分として模索されており、海外でもまつ毛美容液に配合しているのが問題になっているようです。

 

成分の比較の結果

どちらも多くの保湿成分・潤い成分を配合しており、優勢をつけるのが難しい項目でもありましたが、保湿成分の数や品質を見てみると、まつ毛を抜けにくくすることも出来るリバイブラッシュの方が有効だと思います。

まつ毛を伸ばすということに関しては医薬成分を配合しているラピッドラッシュが効果的です。しかし副作用の心配があるのでまつ毛が伸びた後の事を考えると悩みどころでもあります。

また、リバイブラッシュはまつエクの接着剤(グルー)を溶かしてしまう成分が配合されていませんので、まつエク中でも併用できる作りになっています。

関連記事リバイブラッシュは効果ない?嘘?口コミから分かった成分の秘密・・・

 

リバイブラッシュとラピッドラッシュ|安全性を比較

リバイブラッシュ

リバイブラッシュが人気の理由の1つとして、他のまつ毛美容液より圧倒的に刺激が少なく安全性が高いということが挙げられます。

その理由として、石油系界面活性や合成保存料や合成着色料などの添加物を排除して20種類の無添加を実現、5つのアレルギー試験をクリアしています。リバイブラッシュは肌が弱い方でも安心して使える事が出来るでしょう。

リバイブラッシュ無添加

リバイブラッシュ成分

そして先程紹介した通り、リバイブラッシュの育毛成分であるキャピキシルも副作用の心配は無いと言えるでしょう。

ラピッドラッシュ

ラピッドラッシュは、成分表を見てみると分かる通り、エタノールなどが配合されているため無添加ではないという違いがあります。

また、ラピッドラッシュはフェノキシエタノールが配合されていました。フェノキシエタノールは、防腐剤(まつ毛美容液の保存期間を伸ばす)として配合されているのですが、刺激性が高い成分で、肌荒れや痒みなどの副作用に注意が必要な成分でもあります。

そして先程紹介した通り、ラピッドラッシュの育毛成分であるイソプロピルクロプロステネートは色素沈着などの副作用の心配が懸念されています。

 

安全性の比較の結果

安全性はリバイブラッシュの方が優れていると言えるでしょう。

医薬品が配合されているまつ毛美容液の効果はほぼ確実ではありますが、色素沈着などのリスクと隣り合わせということを頭に入れた上で、ご自身はどちらを取るのかを決めていきたいですね。

加えてリバイブラッシュは日本製なのに対し、ラピッドラッシュはアメリカ製なのも注目すべき違いだと思います。

関連記事【全成分調査】リバイブラッシュの副作用とアレルギーについて

 

リバイブラッシュとラピッドラッシュ|価格やコスパを比較

価格やコスパも購入する上での大事な違いになってきますので見ていきましょう。

リバイブラッシュ

  • 通常購入 : 5,800円(税込)
  • 定期購入 : 4,720円(税込)

リバイブラッシュ

リバイブラッシュの定期コースの詳細

  • 毎回送料無料
  • 60日間の返金保証付き
  • 定期コースの限定割引が適用
  • いつでも解約・休止OK
  • お届け間隔の変更可能(30~60日)
  • 初回購入のみで解約可能

リバイブラッシュの容量は6g(6ml)となっており、約2ヶ月持ちます。

 

定期コースで購入した場合の1日当たりのコスパは、1日当たり78円になりました。

 

ラピッドラッシュ

  • 通常購入 : 5,940円(税込)

ラピッドラッシュ

リバイブラッシュの容量は1.5mlとなっており、約2ヶ月持ちます。

1日当たりのコスパは、1日当たり99円になりました。

 

価格コスパの比較の結果

ラピッドラッシュは定期コースが用意されておらず、1.5mlで5,940円はコスパが悪い印象を持ちました。

それに対しリバイブラッシュは、定期コースが用意されており、6mlの大容量で4,720円はコスパが良いと思いました。リバイブラッシュはまゆ毛やアイクリームとしても使用できますので、他のスキンケア商品をまとめる事が出来るためお財布の負担も更に減るかと思います。リバイブラッシュが大容量なのには理由があったのですね。

関連記事【リバイブラッシュの最安値店舗】買ってはいけない取扱店はご存知?

 

リバイブラッシュとラピッドラッシュ|違い比較まとめ

以上がリバイブラッシュとラピッドラッシュの違いの比較でした。

選び方のポイントとしましては、

  • リバイブラッシュ:効果が出るまでは時間がかかるが安全性を重視して効果を発揮したい人
  • ラピッドラッシュ:副作用のリスクをとって最短最速で効果を発揮したい人

といったように分かれるかと思います。

参考にしてみてください^^

 

Copyright© リバイブラッシュは効果ない?嘘?口コミから分かった成分の秘密・・・ , 2019 All Rights Reserved.